ディアナチュラ亜鉛

ディアナチュラ亜鉛

CMで耳にしたことがあるかと思います。ディアナチュラ♪という曲が印象的な、ディアナチュラ(Dear-Natura)です。このディアナチュラにも、実は亜鉛サプリがあります。1日1粒で14mgの亜鉛が摂取でき、60日分60粒387円、30粒295円が、アマゾンにおける販売価格になっています。

 

ディアナチュラは、みなさんもよくご存知の「アサヒ」が発売しているサプリメントになります。先ほど亜鉛のサプリがあると言いましたが、他にもマルチビタミン&ミネラルをはじめ、コラーゲン、ブルーベリー・コンドロイチン・DHAといった種類のものもあります。

 

通販で購入できることがもちろん、ドラッグストアにも置いてあるため、誰もが手軽に購入することができます。

 

製品の管理は、高品質・安全を求める意味合いもあり、国内の自社工場にて一貫して行われています。また無着色・無香料・保存料無添加なため、使用時にもちゃんと安心することができます。さらに、公益財団法人日本健康・栄養食品協会認定の「健康補助食品GMP」を取得しており、サプリメントにありながらにして、まるで医薬品のように製品管理と品質管理が徹底されているのです。

 

ディアナチュラでは、こうしたことが強みと掲げられます。亜鉛ですと60日分60粒で387円なため、何か月にもわたって購入したいという人にとっても求めやすい価格になっています。亜鉛以外のサプリメントも手ごろな値段で購入できるため、試してみてはいかがでしょうか。

 

ところで、ディアナチュラの原材料や栄養成分にどのようなことが記されているのかご存知でしょうか。

 

原材料 : セレン含有酵母、セルロース、グルコン酸亜鉛、グルコン酸銅、ステアリン酸Ca、デンプングリコール酸Na、微粒酸化ケイ素

 

栄養成分 : 【栄養成分/1粒(250mg)あたり】エネルギー0.87kcal、たんぱく質0.007g、脂質0.001~0.007g、炭水化物0.20g、ナトリウム0.13mg、亜鉛14mg、銅0.6mg、セレン23μg

 

以上がディアナチュラにおける表示になりますが、実は実際のパッケージをよく見てみると、セレン銅という文字が小さく書かれています。

 

セレンとは何か、また銅が栄養素のひとつであることを知らなければ思わず敬遠してしまいかねない単語かと思います。ではここからは、セレンと銅について紹介していきたいと思います。

 

「セレン(Se)」

 

セレン(Se)とは、源信番号34の元素のことで、実は私たちに人間の身体の中にも含まれています。体重1キロあたりに対し、0.17mg程の量になります。

 

過酸化脂質は、動脈硬化などを引き起こす危険を孕んだ成分になります。セレンは、この過酸化脂質を分解してくれるのです。さらにビタミンEと共に血流の改善も促してくれるため、重役を担っていることが言えます。また、免疫機能を高めてくれるため、肝臓・膵臓・消化器・皮膚などの癌への抗ガン作用があると言われています。

 

セレンには、ビタミンEと比較し、50倍以上の抗酸化作用が備わっています。具体的には、「グルタチオンペルオキシターゼ」の活性成分となり、活性酸素による老化を防止してくれるそうです。また、水銀・ヒ素・カドミウムと言った有害物質などへの抗体作用も宿しているため、こういった有害物質が例え体内に侵入したとしても、その毒性を弱体化してくれます。

 

下記のデータは、セレンの摂取基準量を示しています。

 

セレンの食事摂取基準(2005年の日本人の食事摂取基準より)
推定平均必要量・・・男性25μg、女性20μg
推奨量・・・男性30μg、女性25μg
上限量・・・男性450μg、女性350μg

 

ディアナチュラ亜鉛の一粒には、23μgのセレンが含まれています。セレンを過剰に摂取すると、下痢や吐き気、疲労感や末梢神経障害といった悪影響が私たちの身体に起こります。ディアナチュラ亜鉛は、1日一粒に留め、その服用量をしっかり守ることが大切ということです。

 

セレンには、ビタミンCやビタミンEと協力することでラジカル・活性酸素から私たちの身体を守るという効果が備わっています。摂取できる主な食品は、肉類・魚介類・海藻類・穀類などになります。

 

「銅」

 

原子番号29の元素のことですが、10円玉などに使用されているイメージが強い銅も、実は人の身体の中に微量ながらも含まれています。体重1キロあたり約1.4mgから2.1mgほどになります。

 

銅は血中のヘモグロビンの合成の成分になります。推奨摂取量は、1日あたりで0.97mgから3.0mg程度になります。ちなみにディアナチュラ亜鉛のサプリメントには、一粒につき0.6mgの銅が含まれているようです。

 

セレンと異なる点は、過剰摂取による副作用が無い点です。反対に、銅は不足すると鉄の吸収量の減少に繋がります。そこから結びつく恐れのある病は、貧血・成長障害・骨粗しょう症などになります。とは言え、銅は食品にたくさん含まれているため、不足して何かしらの生涯を招くということは早々起きないのではないかと思います。

 

ディアナチュラ亜鉛の感想を確認してみると、基本的には高い評価を得られている仕事だと感じています。このことから、信頼のある良いサプリメントであることがわかりますね。

 

「ディアナチュラ『カルシウム・マグネシウム・亜鉛・ビタミンD』」

 

ディアナチュラからは、「カルシウム・マグネシウム・亜鉛・ビタミンD」という商品も発売されています。これは、亜鉛のみならず、カルシウムもたくさん摂取していきたいという方のために開発されたもので、そういった方からは高い支持を受けています。

 

一般的に日本人が不足がちになりやすいミネラルは、亜鉛やカルシウム、マグネシウムです。また、これらに加えて女性の場合には鉄分も不足しやすいと言われています。「カルシウム・マグネシウム・亜鉛・ビタミンD」にはこういったミネラル成分も含まれているため、全体を通して不足気味だと感じている方にとっては便利なサプリとなるのではないでしょうか。

 

また、ビタミンDは骨の新陳代謝を上げてくれたり、小腸におけるカルシウムの吸収率を高めたりなど、骨の強さと密接な関係にある栄養素になります。カルシウムばかりを摂っていても、ビタミンDが不足していると骨は強くならないのです。

 

また、ビタミンDが豊富に含まれる食材として、クロカジキやカワハギ、秋刀魚、干しシイタケなどが挙げられます。また、食品だけからでなく、日光に当たることでも生成されると言われています。