アトピー、食物アレルギーに効く亜鉛

アトピー、食物アレルギーに効く亜鉛

体内でたくさんの酵素を作るためには、亜鉛が必要となります。消化酵素もその内のひとつです。また、胃酸やたんぱく質、分解酵素を生成するときにも、亜鉛の存在を欠かすことはできません。

 

このことから、亜鉛不足はたんぱく質に対する消化機能が低下に繋がり、充分な分解が行われなくなります。そうすると、たんぱく質はアミノ酸に変わることなく腸から血中へと流れ込んでいくのですが、免疫細胞は、充分な分解が施されていないたんぱく質を異物として認識してしまいます。それによって抗原抗体反応、つまり食物アレルギーが起こってしまうのです。

 

体内で抗原抗体反応が発生した場合、活性酸素が大量発生します。それが炎症の元となってしまうわけですが、この炎症を抑えるための活性酸素除去酵素の構成要素には、亜鉛が関係しています。

 

亜鉛が不足すると、活性酸素除去酵素が充分に生成されず、炎症の抑制力が鈍くなってしまいます。結果として、アトピーや喘息体質になりやすくなってしまうのです。

 

「亜鉛の吸収」

 

アトピーやアレルギーを持つ多くの方は、平均的に見ると痩せ形体型のようです。これには、腸の弾力が関係しています。アトピーやアレルギーを持っている方の腸には弾力が無いのですが、それが栄養素の吸収を悪くしているのです。

 

さらに、腸の機能が低下しているため、下痢や便秘にもなりやすい傾向にあります。必要な栄養素をしっかりと摂取したとしても、下痢などが妨げとなり、体内への吸収率が悪くなります。それによってさらに症状が悪化するという悪循環に陥ってしまうわけです。

 

アトピーや喘息、アレルギーを改善するためには、亜鉛以外のミネラル(マグネシウムやカルシウムなど)やビタミン全般も、しっかりと摂取することが重要になってきます。食事だけでは摂取しきれていなかったり、一日の摂取量を守ることが難しかったりするものに関しては、サプリメントを活用するのもオススメです。

 

最初はサプリメントで重点的に必要な栄養素を確保し、症状の改善が見られ始めたら、少しずつ食事の方で摂取量を増やしていくといった形にして、その時々の状況に合わせ、上手く切り替えるようにしましょう。