亜鉛サプリ 副作用

亜鉛サプリの気になる副作用

 

亜鉛はどのくらい摂ればいい?目安は?

 

亜鉛は様々な食品に含まれるため、日本では極端に摂取量が欠乏しているということはありませんが、近年の食生活の変化で摂取量がやや不足しているという報告があります。

 

亜鉛というと男性の性機能や毛髪関連でサプリメントが販売されているため、これらを気にしている方は意識して摂取しているかもしれませんが、一般的にはあまり意識されない栄養素です。そして近年では出来合いの食品や外食に依存する方が多くなっており、亜鉛の摂取不足に拍車がかかっているのです。

 

厚生労働省の国民健康・栄養調査では国民平均の栄養摂取量が毎年報告されていますが、平成20年度の調査では男性が1日平均8.9mg、女性が7.3mgの摂取となっています。

 

一方で亜鉛の摂取推奨料は1日あたり成人男性12mg、成人女性9mgとなっており、いずれも足りていません。若干の不足傾向ですが、インスタント食や外食に依存している人は不足状態が続いていることが考えられ、これは健康上の問題です。

 

亜鉛は生命維持に必須の機能からそうではない機能まで様々な機能に関わっている栄養素です。したがって摂取した亜鉛は細胞分裂や筋肉・骨の成長などの重要な機能に優先的に使われ、一方でそこまで重要ではない味覚の維持や毛髪の健康など、こういった部位に影響が出がちです。特に美容を気にする女性は、あまり美容とのつながりのイメージがない栄養素ですが、しっかり不足しないように摂取する必要があります。

 

効率の良い亜鉛サプリの選び方・飲み方

 

 

亜鉛サプリはどれを選んでも同じ、というわけではありません。また単に含有量で選べばいい、というような簡単な話でもないのです。元々亜鉛は食品由来であってもサプリメントであっても吸収率が低い栄養素であるため、額面通りの効果を得るにはちょっとした飲み方の工夫や商品選びに気をつける必要があります。

 

まず亜鉛サプリ選びの基本として、亜鉛は天然由来のものを選ぶ必要があります。亜鉛は天然由来か化学合成のものかによって吸収率が大きく異なり、また胃腸への負担も違います。化学合成の亜鉛サプリはアレルギー反応を引き起こすリスクも存在するため、できる限り天然由来のものを選ぶべきです。

 

そして亜鉛は、ビタミンCやクエン酸などと結合し「キレート」していないと吸収率が良くありません。亜鉛サプリメントを購入するならばキレート加工済みの亜鉛を選ぶのが基本ですが、そうでないものや食事から摂取する場合もビタミンCやクエン酸と一緒に摂取することで吸収率を高めることができます。

 

したがって、キレート加工済みのものならばいつ飲んでもいいですが、そうでないなら食後すぐに飲むのが吸収率の面でおすすめです。

 

一方で亜鉛の吸収率を低下させる要因として、大量の食物繊維と同時に飲む、タンニンを含むお茶などと一緒に飲むなどがあります。食後に飲むのがいいと前述しましたが、食物繊維の特に多い食事の後は避けた方がいいでしょう。その意味でもキレート加工済みのものは便利です。またお茶などとも一緒に飲まないようにしましょう。

糖尿病の改善にキトサンが良い?

糖尿病に対してキトサンは効果が期待できるといわれているのですが、どうしてキトサンで糖尿病対策をしていくことができるのかについてお話をしていきたいと思います。キトサンは動物性食物繊維に分類されています。ですから、食事などで摂取された炭水化物が吸収や消化されにくくしてくれる作用があるのです。

 

キトサンは酸性の溶液にあたると溶けるという特徴を持っているため、食事やサプリメントなどで摂取すると、胃酸によって溶けます。これによって、ゾルといわれる状態に変化し、食べ物に含まれている糖分や炭水化物を消化・吸収しにくくすることができます。食べ物などに含まれている糖分などを包み込んで、消化されないようにして、そのまま便と一緒に排出してくれるのです。

 

これによって、血糖値を上昇しにくくしてくれるようになるため、糖尿病対策として効果が期待できるといわれています。

 

参考:http://diabetes-supplement.biz/

 

糖尿病対策としてキトサンが良いとされているのは糖分の吸収を抑制してくれるからだけではありません。キトサンというのはインスリンの作用を高めてくれる作用もあります。

 

糖尿病を発症してしまうと、膵臓でインスリンが生成されにくくなったり、インスリンの作用が低下してしまったりします通常の場合、食べ物からデンプンを摂取したら、肝臓によってブドウ糖に変換されます。そして、合成されたブドウ糖というのは、血液と一緒に全身に送られてエネルギーとして使われるkとになります。細胞にブドウ糖を組み込む作用をもたらしてくれるのが、インスリンとなっています。

 

このインスリンがスムーズに作られなくなってしまったり、作用しにくくなってしまうと糖尿病を発症してしまうのです。キトサンというのは、リパーゼという脂肪分解酵素の抑制をしてくれるようになり、脂肪吸収をしにくくしてくれます。これによって、コレステロールの上昇を防ぎ、血液をサラサラの状態にしてくれます。その結果、インスリンを作用しやすくすることができるようになり、糖尿病を防ぎやすくすることが可能になるのです。

 

しかし、キトサンを摂取すれば、必ず糖尿病にならないというわけではないですし、キトサンの身で糖尿病の治療をすることはできません。あくまでもキトサンが配合されているサプリメントはサポート的な要因になっているだけであり、医療によって治療をしていくようにしなくてはならないということは忘れないようにしてください。

更新履歴